バネ研磨・端面研磨のことなら旭スプリングへ(東京)

会社案内
〒124-0011  東京都葛飾区四つ木4丁目20-18
バネ研磨・端面研磨

バネ研磨の必要性

NECESSITY

ばねの両端を研磨する「端面研削」は、ばねを部品として組み込む際には かなり影響する加工です。

バネ研磨の必要性

バネ研磨の方法

METHOD

コストの問題から現在はほとんどのばね屋さんでは砥石が使われています。
コイリング終了後に端部を研削処理して平坦にするのが一般的です。
ばねの端部を平坦にするのは、荷重(応力)の偏りやばね端部が当たる部品の 損傷を防ぐことが出来ます。
研削には「エンドグラインダ」と呼ばれる機械が主に使われます。
ばね研削で求められる要求事項としては、直角度、面粗さ、端部厚があります。
ほとんどのばねは円形であり、端面を研削するときに砥石が回転するだけでなく、 ばねそのものが自転します。これにより、面粗度が向上します。

バネのことなら旭スプリングへ

WELCOME

精度を求められることが多い近年で、バネの端面の研磨に関するご要望も 増えております。
バネ研磨のみのお仕事でもお気軽にご相談下さい!!

お問い合わせ